民家の甲子園の歴史

実行委員長 加藤秀樹
実行委員長 加藤秀樹

 

               第十六回 民家の甲子園実行委員会 実行委員長
                      公益財団法人四国民家博物館 理事長 加藤秀樹

 

 

 

「時代は巡る」

 

「民家の甲子園」が始まって今年で16年目になります。この間、日本の人口は減少に転じ、地方と都会の格差は拡がり、とりわけ民家が多く残っている村落では高齢化、若者の流出が一層進みました。

一方で、都会の若者が田舎に移り住む例が増えています。田舎のお年寄りと折り合いをつけ、またお互い持ちつ持たれつで暮らしているのです。

また、アメリカのエアビー&ビーが日本に進出するなど「民泊」が増えています。ウーバーに代表される自家用車タクシーも先進国で今や一般的になりました。これは、家や車を持つことが目的ではなくなり、活かす時代になったことをあらわしているのだと思います。経済的に豊かになり、物が溢れる世の中では、多くの人が物を所有することよりも、その中で自分の生活が豊かに感じることを大事にするようになってきたということでしょうか。

そんな「シェアする時代」、田舎暮らしや古いものが見直される時代において、古い民家は人が集う何よりの「場」です。民家博物館「四国村」で第1回民家の甲子園が開かれて以来、まさに「時代は巡る」ことを感じます。四国各地から民家を移築復元して40年前にスタートした四国村でも、最近訪れる外国人が急増し、熱心に写真を撮ったりメモしたりしています。スマホでどんな情報でも手に入れる時代だからこそ、日本文化、伝統を体感でき、「日本の原風景」とも言える四国村が世界の人を惹きつけているのだと思います。

今年は8年ぶりの香川県での開催です。実行委員全員が、日本の文化をもっと世界に発信しよという思いで今年もこの会を開催します。

最後になりましたが、この企画にご賛同いただき協賛金を頂きました皆様や、運営にご尽力いただきました方々に厚くお礼申し上げます。

 

 

 

第1回大会様子
第1回大会様子

  2003年あるNPO団体の理事であった香川県理事と、徳島県理事、愛媛県理事により財団法人四国民家博物館 四国村(理事長 加藤秀樹 現在民家の甲子園実行委員長)において四国フォーラムと称し、第1回民家の甲子園を開催。その際、全国から9校の参加があった。表彰は、この9校から民家大賞1校、町並み賞1校、入選1校、特別賞1校、個人賞1名を実行委員会内審査員で選定した。

 この大会をきっかけとして、第2回と継続させていくために、特定非営利活動法人かがわサンサン倶楽部を発足し、現在に至る。第2回大会は第1回大会同様、四国民家博物館 四国村にて開催したが、屋外のため雷雨に見舞われた。そこで、天候にも左右されなく、香川の玄関口 高松市サンポートでの開催がスタートした。サンポートのデックスガレリアという、吹き抜け部分の広場で野外ステージを組み、簡易のベンチを設置しての取り組みに、第6回大会まで順調に行われた。また、前夜祭と称して、前日にはステージ上で生演奏やパフォーマンスが行われ、民家の甲子園を盛り上げてくれた。

 しかしながら、この不況の中、協賛していただける企業も少なく、このようの大掛かりな体制では、資金面も続かず、高松市の協力も得られなくなったため、当倶楽部事務局がある丸亀市の丸亀市猪熊源一郎現代美術館をお借りして第7回大会を開催した。続けて同会場で、第8回大会と開催した結果、全国より多くの方々の協力をいただけるようになった。この大会を機に、少しでも多くの方々に知ってもらえるよう、全国大会を全国持ち回り開催とすることを打診し、201012月の実行委員会で石川県が全国大会を開催したいというお声から、はじめて香川県以外の全国大会開催が決定した。第9回大会の石川県から始まり、第10回大会(熊本県)

その後、第11回大会(福島県)第12回大会(愛媛県)第13回大会(高知県) 第14回大会(岐阜県)第15回大会は二度目の石川県の開催となります。お陰様で、回数を重ねる度 出場校も増え盛大に開催しています。今までご賛同いただいた多くの方々に感謝申し上げ、今後とも第二十回・三十回と続くように目指し、今後を担う若者たちへ、日本伝統文化の伝承、郷土愛、古い町並み保存の育成に寄与したい所存です。

 

 

 <第1回参加高校

  岐阜県立武儀高等学校

  山梨県立甲府工業高等学校

  静岡県立静岡工業高等学校

  愛媛県立吉田高等学校

香川県立坂出工業高等学校

  香川県立坂出高等学校

  香川県立多度津工業高等学校(現 多度津高等学校)

  高知県立高知工業高等学校

  福岡県立博多青松高等学校

  

第1回民家の甲子園受賞高校

  民家大賞 香川県立多度津工業高等学校(現 多度津高等学校)

  町並み賞 岐阜県立武儀高等学校

入 選   静岡県立静岡工業高等学校

特別賞  香川県立坂出工業高等学校

 

NPO法人かがわサンサン倶楽部

 〒761-2402

香川県丸亀市綾歌町岡田下353-1

TEL 0877-86-3162

FAX 0877-86-3512

 

<事務局>

お問合わせはこちらから

 

<主催団体>

 NPO法人かがわサンサン倶楽部

 民家の甲子園実行委員会

 <後援> 

 文部科学省  

公益社団法人全国高等学校文化連盟