第七回民家の甲子園 奨励賞 専門学校禅林学園

専門学校禅林学園 PR

 

【青空の下】

♪屋根より高い~鯉のぼり~ ♪大きい真鯉はお父さん~小さい ♪緋鯉は子供たち~

♪おもしろそうにおよいでる~♪ 

五月の風物詩と言えば、そう・・・鯉のぼり!

鯉のぼりは昔から大人から子供へと受け継がれてきました。

昔、鯉のぼりを見てとてもはしゃいでいた事を今でも覚えています。

自分が大人になった時、子供へ鯉のぼりのよさを伝えていきたいと思っています。

 

【ありがとう】

ああまぶしい ああ暖かいああ私たちの エネルギーの源

ああ太陽よ ありがとう

 

【影、影、影~っ(^O^)】

光があるから影がある。

影があるから光がある。

当たり前のようで当たり前じゃない。

光のない世界はモノクロ世界

光のある虹色世界に生まれて良かったあ

 

【happy face】

おじいちゃんやおばあちゃんたちの顔は僕たちとは違います。

嬉しくて楽しくて、笑った分だけシワの数があるからです。

辛いことや悲しいことを乗り越えて、たくさんの幸せを経験してきました。

そして、多くの人たちとその幸せを分かち合ってきました。

そんな人生を歩んできたからこそ、こんなにも優しい笑顔で笑えるのです。

おじいちゃんやおばあちゃんたちの顔は、他のどんなものよりも光り輝いているのではないでしょうか?

 

【水の中の家】

朝日に照らされる田舎の田んぼ道。

その水面に映る家は、輝きを放ち、まるで本当に水の中にあるようです。

水面に映る民家を見ていると「どんな人が住んでいるのだろう」と思わず想像してしまいます。水の中の人もきっと、朝日に照らされ、一日の始まりを実感しているのでしょう。