第三回民家の甲子園 民家大賞 愛知県立半田工業高等学校

愛知県立半田工業高等学校 PR文

 

 ここは岐阜県瑞浪市陶町です。私たちは、岐阜の山中に明治時代から建てられ8代にもわたって守り続けてきた茅葺き屋根の民家を発見しました。私たちは4時起きで片道約90kmを顧問の先生と5回も撮影に行きました。

 地元の人たちは、あまり気にせず自然のリズムとともに小さな古民家に暮らす河野さん(73歳)をよく知っています。今までに見たこともない茅葺き屋根からは、朝日を受けて白く湯気が立ち上がっていました。感動!夢中でシャッターをきっていました。早起きのおじさんと会話しながら二十数年前から歴史を感じさせる例を見ない黄緑色の鮮やかな苔を教えていただいた。

 数年前に庭は無くしたそうだ。しかし、野菜作りや田植えは行っている。また、自然に湧き出てくる天然の井戸も教えていただいた。300年間守りつづけているこの家の一休みしているおじさんを見て、自信に満ちあふれていると誰もが感じた。

私たち4名(2、3年生)は協力して、岐阜県の茅葺き屋根の民家を紹介するために一生懸命頑張ってリバーサル、ネガ、モノクロフィルムで撮影し、プリントをしました。下記に作品の紹介をします。 文:齋藤雄也

 

朝日を受けて       

茅葺き屋根からは、朝日を受けて白く湯気が立ち上がっていた。幻想的な風景。 感動! 夢中でシャッターをきった。

 

歴史を感じる苔     

二十数年前から歴史を感じさせる例を見ない黄緑色の鮮やかな苔を発見!

 

民家を守って300年    

300年間守りつづけたこの家の一休みしているおじさんを見て、自信に満ちあふれていると誰もが感じた。みんな一斉にシャッターだ!

 

田植えを終えて】      

自然のリズムとともに小さな古民家に暮らす山里での生活。

 

明かりのある暮らし    

外が暗くなってきたからそろそろ夕ご飯にしよう。夕方、茅葺き屋根の明かりのある暮らしを垣間見た。