第十七回民家の甲子園 最優秀賞(福島県議長賞) 愛媛県立川之石高等学校

心 に 響 く 音 と 想 い

 
 夕 日 に 染 ま る 美 し い 海 の 町 八 幡 浜 。 家 路 を 急 ぐ 人 た ち を 見 守 る よ う に 、 海原 を 赤 く 染 め る 温 か な 夕 日 の 光 。 そ れ は 、 私 た ち を 包 み 込 む よ う な 柔 ら か な輝 き で し た 。 そ ん な 夕 日 に 心 を 奪 わ れ て い る と 、 一 瞬 時 が 止 ま っ た 感 覚 に 陥り ま す 。 夕 方 6 時 を 知 ら せ る 「 夕 焼 け 小 焼 け 」 の メ ロ デ ィ ー が 、 有 線 放 送 から 流 れ 、 そ の 感 覚 か ら ふ と 我 に 返 る の で す 。 今 は こ う し た 放 送 や 、 時 計 、 スマ ー ト フ ォ ン で 簡 単 に 時 刻 を 知 る こ と が で き ま す 。 し か し 、 か つ て そ の 役 目を は た し て い た の は 響 き 渡 る お 寺 の 鐘 で す 。 私 た ち が 住 む 地 域 の 近 く の 山 にも 出 石 寺 と い う 弘 法 大 師 縁 の 寺 が あ り ま す 。 こ の 寺 は 、 奈 良 時 代 初 期 に 建 立さ れ 、 梵 鐘 「 朝 鮮 鐘 」 は 、 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 さ れ て い ま す 。 参 拝 者 が つく 鐘 の 音 は 山 々 に こ だ ま し 、 訪 れ た 私 た ち の 心 に も 深 く 響 き ま す 。
  
 次 は 、 自 分 自 身 の 心 を 見 つ め 、 線 香 に 想 い を 乗 せ て 仏 様 を 拝 ん で い る と ころ で す 。 撮 影 当 日 も 多 く の お 遍 路 さ ん が 寺 を 訪 れ 、 手 を 合 わ せ て 拝 ん で い まし た 。 そ ん な 人 々 の 想 い が 、 仏 様 に 届 い て い る 情 景 が 浮 か ん で く る 一 枚 で す 。 
 
 さ ら に 奥 へ 進 む と 、 本 堂 か ら は お 経 を 唱 え る 声 が 聞 こ え て き ま す 。 こ の 暗く 静 か な 場 所 で 、 朝 夕 に 和 尚 さ ん は お 経 を 唱 え ま す 。 お 経 は 、 亡 く な っ た 方へ の 供 養 を 意 味 し ま す 。 も う 一 つ 、 生 き て い る 人 を 励 ま し 、 教 え 導 く 意 味 もあ る そ う で す 。 お 釈 迦 様 の 教 え を 和 尚 さ ん が 代 弁 し て 、 参 拝 者 に 伝 え て い るの で す 。

 境 内 で は 、 御 守 り や 御 札 も 販 売 し て い ま す 。 大 切 な 人 を 案 ず る 優 し さ や 平穏 な 日 々 を 願 う 心 で 、 そ っ と 御 守 り を 手 に 取 る の で す 。 参 拝 を 終 え 、 心 穏 やか に 寺 を 後 に す る 参 拝 者 の こ れ か ら を き っ と 見 守 っ て く れ る こ と で し ょ う 。
 
 今 回 、 触 れ る こ と が で き た 参 拝 者 の 願 い や 想 い 。 お 寺 の 方 か ら お も て な しと し て 手 渡 し で い た だ い た 一 杯 の お 茶 は 、 私 た ち の 喉 だ け で は な く 、 心 を 潤し て く れ ま し た 。 共 感 す る 気 持 ち 、 思 い や る 気 持 ち 、 真 心 を こ れ か ら も 大 切に し て い き た い も の で す 。