第十七回民家の甲子園 福島民報賞 愛媛県立松山工業高等学校

伊 予 媛 交 響 楽
 
~ 南 予 路 の 旅 ~
 
 
「 た ま に は 遠 出 で も し よ う ! 」 と 、 友 達 を 誘 い 電 車 に 乗 っ て 心 に 響 く 場 所を 探 す 旅 に 出 ま し た 。 松 山 を 飛 び 出 し 、 南 へ と 向 か い ま す 。 電 車 に 揺 ら れ 、 新 た な 出 会 い に わ く わ く し な が ら 眺 め る 外 の 風 景 は 一 段 と 綺麗 に 見 え ま す 。

 

 最 初 に 降 り た 地 は 内 子 。 
大 正 時 代 の 芝 居 小 屋 「 内 子 座 」 の 前 で 響 く 音 楽 に 体 を 弾 ま せ な が ら 、 内 子の 古 い 町 並 み を 堪 能 し て い る と 、 香 っ て き た コ ー ヒ ー の 匂 い 。 そ の 匂 い に 誘わ れ て 立 ち 寄 っ た の は 「 あ た ら し 屋 」 で す 。 江 戸 時 代 の 建 築 様 式 を 見 た り 、手 作 り 和 紙 や 和 ろ う そ く を 買 っ た り す る こ と が 出 来 ま す 。
 

 次 に 降 り た 地 は 大 洲 。 
昨 年 の 西 日 本 豪 雨 災 害 を 連 想 さ せ な い 綺 麗 な 街 並 み が 広 が っ て い ま し た 。立 ち 並 ぶ 古 民 家 と 緑 が 、 大 洲 の 前 向 き な 様 子 を 表 し て い ま し た 。 そ の 風 景 を撮 っ て い る と 、 海 外 か ら の お 客 さ ん を 案 内 し て い る お 坊 さ ん に 声 を 掛 け ら れま し た 。 青 い 目 を し た お 客 さ ん は 偶 然 に も 建 築 家 。 「 何 を 作 っ て い る の ? 」と つ た な い 日 本 語 で 話 し か け て く れ ま し た 。 そ の あ と も 、 私 た ち の 話 し 声 とお 坊 さ ん の 下 駄 の 音 が 響 い て い ま し た 。

 

 大 洲 か ら 西 予 を 越 え 、 訪 れ た 地 は 宇 和 島 。

大 き な 鳥 居 と 橋 を 頼 り 、 和 霊 神 社 を 目 指 し ま す 。手 水 舎 、 木 々 、 絵 馬 が 風 に 揺 れ る 音 が 神 社 に 響 き 、 心 が 落 ち 着 き ま す 。ま た 、 隣 に あ る 学 校 か ら は 部 活 動 中 の 元 気 な 声 が 聞 こ え 思 わ ず 笑 み が こ ぼ れま し た 。

 

 最 後 に 訪 れ た 地 は 双 海 。 
恋 人 の 聖 地 と 名 高 い 下 灘 駅 で は ち ょ う ど 夕 日 が 沈 む と こ ろ で し た 。そ の 立 派 な 夕 日 を 背 に 電 車 に 揺 ら れ な が ら 松 山 へ と 帰 り ま し た 。こ の 旅 を 通 し て 、 私 た ち は 西 日 本 豪 雨 災 害 の 被 害 を 受 け た 地 を 訪 れ 、 復 興の 様 子 を 目 に し ま し た 。 持 っ て い た イ メ ー ジ と 違 い 、 被 害 の 面 影 は あ ま り 感じ ら れ ま せ ん で し た 。 そ し て 、 明 る く 元 気 な 人 々 と の 出 会 い が 私 達 の 心 に 響
き ま し た 。 
最 後 に こ の 素 敵 な 感 情 の 響 き を 大 切 な 人 に 伝 え る た め に ポ ス ト カ ー ド を
送 り ま す 。 そ し て 私 た ち の 感 動 が あ な た の 心 に 響 き ま す よ う に …